Overview

   園長挨拶

すくすくそだて!ゆたかっこ!

ゆたか保育園の保育目標は

・ 丈夫な身体でがんばるこども
・ 思いやりのあるやさしいこども
・ 落ち着いて話のきけるこども
この3点です。

 この目標をもとに、職員みんなで、『丈夫な身体をつくるには、なにが大切?』『がんばる気持ちはどう育てていく?』というように話し合い、考え合いながら日々の保育に当たっています。年齢が小さいなら小さいなりに、大きくなれば大きくなったなりに、働きかけ方が変わってきます。

 各クラスのクラスだよりには『今月の目標』が載っていますが、それが、大きな『園の保育目標』につながる、ステップなのです。その他にもかわいいエピソード、お知らせやおねがい等、おうちに伝えたい先生方の想いが詰まったクラスだより、どうぞ楽しんで読んで下さいね。
園長 堀内あつこ

   保育理念・基本方針・保育目標

保育理念

・ひとりひとりの育ちを大切に生きる喜びと力を育てます
・家庭や地域とともに子どもの育ちを支緩します

人としての土台を作るこの乳幼児期。子どもたちが喜んで通い保護者の方が安心して預けられる保育園でありたいと思っています。また、お散歩や地域の公民館行事に参加する中で、いろいろな人と関わる機会も大切にしています。子どもたちがみんなに愛されている実感をしっかりと持ち、自分を大切にできる様に育てていきます。園の職員はゆたかな愛情を持って保育にあたり、子どもの幸せで楽しい毎日のために知識の習得と技術の向上に努めます。

基本方針

・良い還壊のもとで自己を十分に発揮しながら健全な心身の発達を図ります ・養護と教育が一体になった保育を通して人間性ゆたかな子どもを育てます
・家庭や地域社会とともに子どもを育てる環境づくりをします

保育方針は『保育所保育指針』をもとに定められています。常に子どもの最善の幸せを願い、保護者からの意見や要望があれば真摯に傾聴し、わかりやすい説明を心がけよりよい保育のために努力する事を基本とします。

保育目標

・丈夫な身体でがんばる子ども
外あそびを多く取り入れる事で、身体を使って自ら遊べる子になります。たくさん遊ぶと食事がおいしく食べられ、よく眠れます。
『あそび・食・睡眠』が整う事で身体だけでなく心も育ちます。

・思いやりのあるやさしい子ども
たくさんの人と触れ合う中で、いろんな人がいる事を学びます。ともだちと助け合ったり、先生に自分の思いを十分に受け止めてもらう経験をすることでやさしい心が育ちます。

・落ち着いて話を間ける子ども
たくさん話を聞いてもらう(受け止めてもらう)経験をする事で、話を聞ける子どもに育ちます。また、絵本の読みきかせでお話を聞く事の楽しさもたくさん体験します。お話をきける子どもは自分の気持ちを言葉にできる子に育ちます。気持ちを言葉にできる子は情緒の安定につながります。

  概 要

運営主体

社会福祉法人 あけぼの共育会

代表者

理事長 齋藤達成

設立

2011年4月1日

事業内容

保育園

施設名

ゆたか保育園

栃木県那須塩原市新緑町92-280

TEL:0287-63-8282

定員/保育年齢

120名/生後3ケ月

保育時間

月〜金 7:30〜19:15

  土 7:30〜18:00 

休園日 日曜・祝祭日・年末年始